<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

6/25

写真はMSゾゴックなのですが
もともとは赤色が主体のカラーなれど
模型誌に載っていた…黄色に縦縞を施し
頑張れ阪神タイガース…みたいにすれば面白いのではないか
挑戦してみた結果がこれですが
縞の模様など…何だか不自然な感も受け
でも単に作って置いておくだけよりかは
また思いついたら何かに挑戦したいですね

a0072423_1414424.jpg

by sukokurage02 | 2017-06-25 14:01

6/25

この頃また超人ロックという漫画をよく読んでます
主人公は超能力を使うことが出来る
ロックという青年
と言っても不老不死という設定なので
何千年もの時を生きる…壮大と言えば壮大なものです
こう書くと…超能力を意のままに操り
敵対する勢力と相対する
そんな図式のように思えど
実際は…極めて常識的な方法で戦いを進めるも
切羽詰まってしまい…どうしても必要なとき
この超能力を使う
この点がもどかしいと取るのか
それとも奥ゆかしいと思うのか
少年ジャンプのことを否定する訳ではもちろん無いのです
けど
友情…努力…勝利…この地点からは随分かけ離れたもの
読み手を選ぶ漫画…そう言えるのかもしれません
しかし追い詰められる中にも
最後に繰り出す必殺技は…とんでもないと思うもので
何だか超能力漫画というより…水戸黄門の印籠を思わせる
なので特定の人にニーズは確実に掴むことに成功してると
思われ
そこが長きに渡る連載になってると思います
抜群の画力…緻密なSF考証など…超能力を売りにせずとも
問題無いように思うも
人間ドラマを主題としているので…あくまでそれに付随
するもの…必要なのかどうか疑問に感じたことはありま
したが
ではこれらのもの全て取り去ってはどうなのか
そうすると全く成り立たないと思うところが
この漫画の凄いところだと思います
迫害されるエスパーというのは…いじめなどの社会問題と
どこか相通ずるものがあると感じますし
登場する帝国という組織は…銀河コンピューター
通称ライガー1というものに統括され
その力を維持しようとする人々
時には同調し…しかし最後は敵対し…このライガー1を
破壊するロック
これは…進化する人工知能と天才と呼ばれる人々との
争いを事前に察知し…最後に主導権を握るのは
やはり人間でないといけない
そんなメッセージが込められたものだと
関係無いように思えど…では全く別問題なのかと言われたら
そうでないと思わざるを得ないです
こうして書いてみるとガチガチの硬派な漫画を連想される
かもですが
ギャグを入れられるところはゆるい雰囲気ですし
単行本1冊で完結している漫画なので
非常に読みやすい作品と思います
作者である聖さんは一生涯この漫画を描いていくと
公言なさってます
この漫画について評論じみたことを述べるのは
ナンセンスである
何故なら…物語が続く限りこの作品は未完であり
作者の筆が止まった時点で完結する
これは再発行された文庫本の最後に書かれた
同業者である人の弁なのですが
全くその通りだと思い…自分もこの最後を見届けるまでは
読み続け…ロックが持つ不思議な魅力
その深淵たる世界とご一緒したいと思います

a0072423_13435054.jpg

by sukokurage02 | 2017-06-25 13:43

6/2

早いものでもう6月です
ガンダムアストレイというMSのプラモを作ってるのですが
このプラモ…ガンダムと名前は付いてますが
特に背面に顕著となるいびつさを感じるデザイン
正面から見ても複雑極まりないもの
おまけに武器はというと日本刀
ガンダムであることを否定したガンダム
そんな気がしてならないのです
では…ガンダムという名前って一体何だろう…という疑問が
出てきました
色が白くてトリコロールカラー…頭にはツノがあり
こうして特徴を並べるのはある意味簡単ですが
それをガンダムと呼んでしまうのは
単に固定概念という気もするのです
ガンダム話ばかりで申し訳ない感じもするんですけど
連邦軍と相対するジオン軍内部では
連邦軍の主となる戦艦…ホワイトベースのことを
名前が分からず…木馬と呼んでました
逆にジオンのMSの名称が分からず…ドムのことをスカート付きと
でもこれで十分意味は通じていましたし
逆に印象深いものとして記憶しています
こうして考えてみると…例えばプリンターはプリンターで特にそれらしい
名称は無いわけです
でも機能を果たし…売れ行きも上々のようで…毎年年賀状の季節に
なると売り上げ争いが始まるのは例年の出来事です
名前をつけることによるメリットって何だろう…
PanasonicのBDレコーダーであるディーガ
トヨタ自動車のプリウス
でもこれらは…技術の粋を集めた…モノ作りとしては
最高峰のものと感じ
名前をつけることで…例えば携わる技術者は
自分はどれそれの開発に従事した
こうすることで…栄誉となるものを与えているのだとすると
名前の持つ意味合いはこういう場面で生きるのでは…
しかしこのことに危険性を感じたというのは後で書くのですが
先のアストレイをまた引き合いに出すと
ガンダムであることを放棄した結果
何でもありのごった煮みたいな魅力が出た
結果…このMSは新しいカテゴリーがバンダイの中で生まれると
必ずと言っていいほどキット化される
恵まれた存在になってます
名乗る必要が無い…木馬やスカート付きの持つインパクトを
持つことになっている
かっこいい形とこうした名乗らないことによる知名度
売れる方程式のようなものを掴んだような…
お金にものを言わせ…海外への技術流出に歯止めが効かないのは
ひと昔前の出来事だったとしても
今現在も当然大なり小なり存在する出来事だと感じます
思い切って名前を廃止してみれば…そこに携わる技術者の名前も
目立たなく…匿名性を帯びたものになり
結果…日本の持つ技術が損なわれることがない
ヘッドハンティングをするにも…対象を絞り込むことが困難な
ことになるのでは
車を売るディーラーに取っては困るような出来事かもですが
広い意味で考えると…あまり名前は全面に出すぎないほうが
いいような気がするのです
携帯の世界で言うと…エクスペリアの名付け親であり
開発に心血を注いだ人が…結果としてソフトバンクに泣く泣く移籍
したという話を少し前に聞きました
もしエクスペリアという名前が無ければ…
名前はそのもの自体を一発で伝えることが出来る
便利なものであると思うのですが
その便利さ故…盲点となる弱点を兼ね備えることになってしまう
名前の持つ意味など…考えもしなかったのですが
このアストレイをまじまじと見つめていると
どうしても考え込んでしまうようなところがありそうです
そのもの自体を伝えるのに名前が必要なのかどうか
極論かもですが…名前は要らない気がするのです
SONYの新しい携帯…斬新なフォルムと機能を兼ね備え
こう説明したほうが…凄いというイメージを与えることには
ならないでしょうか
どうでもいいような話とは思うのですが…
優れた工業製品に携わる人の名前が出ること自体
国益をも損失してしまう…危険なことだと思うのは考えすぎ
なのでしょうか
一時プラモの世界でも…これだけ大量に新製品が生産される
訳ですから
設計者の名前をクレジットすればどうか…という議論がなされた
ようですが
結果として見送りになったのは…ここまでガンダムというものを
大きくしたバンダイは…その危険を未然に察知し
そんなものを公表しなくても…という
残念ながらプラモも出来不出来は存在し
出来の悪いものに当たると…あらら…という気分になってしまいますが
ここでも技術担当の人が分からないメリットがあると感じます
どうしても自分にとって都合の悪いことがあってしまうと
人のせいにするのは…悲しいかな人の持つ習性なのかもしれません
名前というものが持つ意味は…予想を超えた意味合いがある
妙な結論な気が凄いするのですが…
画像は引き合いに出したアストレイ=レッドフレームです

a0072423_2171844.jpg

by sukokurage02 | 2017-06-02 02:10

亡き人への想いを綴っていきます