<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7/15

ここのところ中継を見ることが出来ないので
遠ざかってるF1レースですが
やはり強いのはメルセデス…次にフェラーリ…後を追うのは
その場その場で分からない
この図式は変わらないようです
メルセデスの強さは…ドライバーのテクニックもさることながら
やはりマシンが飛び抜けて優秀だということです
お金を持ってるところが勝利しないよう…細心の注意を払って
レギュレーション(規則)を決めてはいる…FIAという総元の組織ですが
何せパワーユニットと呼ばれるものの性能が違う
違うというより…開発が早かったのでその時間の分優秀だと
そういう取り方もあるようです
こうして技術力を誇示するメルセデス…名門の名に恥じぬ結果が
期待されるフェラーリ
こういう言い方はどうなのか…レースで勝利することはもちろん
念頭にあるんでしょうけど
単にレッドブルの飲料が売れるための宣伝で走っている
ホンダはホンダで…あくまで上位に食い込むべく技術を惜しみなく
投入しているのかというと
NHKで特集をやってたんですけど…開発の要所を担当するのは
全て若いエンジニアだそうです
これはホンダの社風だそうで…チャレンジは若いものに任せるというもの
しかし…F1ともなるとチャレンジどころか…まず勝利することを前提に
話を進め…開発に没頭する
こういう図式こそ相応しいと思うのですが…
熟練の匠の技が結集してこそ…勝利への道が見えてくる
事実黄金期のマクラーレンホンダは…少なからずそういう面があったという
記述もあります
見えてくるのは…F1で培った技術をいずれ市販車にフィードバックさせる
現に今路上では見ないことが無い大ヒット商品であるN-BOX
これにはF1担当者が深く開発に関わっているそうです
F1で得たデータを…F1のことを熟知している開発者に受け継がせる
これはこれで全く正しい話で…おかしな矛盾など無いとは思うのですけど
F1レース…とにかくスピード狂が集まり…常軌を逸脱したドライビングテクニックで
抜くか抜かれるかの勝負…それを制したものが栄光を掴む
こういう部分は残ってはいるんでしょうけど…企業としての思惑が
どうしても見えてしまいそうな昨今のF1
見た目のスピード感や派手なテクニックを駆使し限界に挑むドライバーとは
裏腹に…それを企業の論理で実験の成果やデータ収集に勤しんでいる
考えすぎかもしれませんが…
勝負事としては…世界で最も優れたテクノロジーで行う自動車レース
そこに当たり前のものが入ってしまうと…一体何のためにこうした危険を
犯さなければならないのか
もちろんこんな面ばかりではないんでしょうけど…それでも最新技術を
だんだん下のほうに下ろしていく
普通のはずの姿と…ドライバーの卓越した技能とが…うまく結びつかないんです
ギャラさえもらったそれでいいよと…あくまでドライな関係かもしれません
ですけど…復活したばかりのマクラーレンホンダに
アイルトンセナに憧れれてF1の世界に飛び込んだ
なのでそのチームでやれることに光栄を感じている
こうコメントしたのは…フェンナンドアロンソというドライバーなのですが
以前アロンソはフェラーリに在籍
腕前は超一流なので…上位を席巻など常の出来事なれど
ホンダに来てからは本当にサッパリの成果しか
でもこのアロンソの行った行動は…どこか規則…暗黙の了解…トップはもう
出来レースのように決まっている
そんな中…それほど知ってる訳でも無いですが
かつてのF1の自由さ…そして組織にコントロールされることなく
自由きままにやっていた時代…
今のF1は本当につまらない…年季の入ったファンは嘆いてばかりだそうです
でも…無鉄砲で死者が出ることも珍しくない…そんな時代でもありました
今の安全安心でのレース展開も…人命尊重の観点から言うと
至極真っ当なことなのかも…面白ければ全て良し
これは今追いたくても追うべくもない…時代の変遷と共に変わるもの
企業の思惑が関係してくるようなものであるとしても
その思惑をも…全部はもちろん無理なんでしょうけど
ある程度は分かった上でレース観戦をする
今現在F1レースを存分に楽しもうとすると…ここまでしないといけないような気がします
最後に何が言いたいのかというと…
マクラーレンホンダの奮起に期待したいです

a0072423_23275980.jpg

by sukokurage02 | 2017-07-15 23:28

7/12

しばらくガンプラを作ってなかったんですが
これから残ってるのを少しでも作っていこうかと…
最近のものは少ない手間で完成度が凄く
可動域の広さは見てるだけでは分からないのですが
作ってみて…動かしてみてよく実感出来るというもの
どうしてこんなにガンプラというのが廃れないのか
この辺りにヒントがありそうですが…
よく動くキットというのは…劇中のアクションも再現可能になっているというので
これを画像として取り込み…アニメさながらの一場面を
昔はジオラマという情景模型の類に入り
専門知識に道具も必要…模型といっても敷居も高かったように思いますが
情景模型シリーズと銘打ち…数々の名場面を切り取ったようなキットも
発売されてました
読んでて分からない人のほうが多そうですけど…
ジャブローでの情景でこれというもの
シャア専用ズゴックが連邦軍の配備されたばかりのMSジムの
腹を…その凶悪そうな爪が貫くという
しかし…模型ではズゴックにジムが迫る
その辺りで止まっていて…貫通というのか当たってなかったです…
一部の人は…これははらわた煮え繰り返る…とか確か雑誌に
でも先に煮え繰り返させる?のはキットのほうだったのかと

今なら最新型キットと可動もバッチリのもので…
検索してみると…そのものズバリの状態がすでに立体に
やはりこのトラウマじみた原体験みたいなものは…当時のファンなら
共有出来る…
最終決戦アバオアクーのところもあったと思うのですけど
動きの止まったようなゲルググとドム
やっぱり動きが無かったような
ゲルググの装備するビームなぎなたとか…ガンダムのビームジャベリンもそうだと
思うのですけど
あんまりの使い方で描かれていたようにも思い
これは現在再現してはいけない…黒歴史に含まれるものかもしれませんが
どのみち色々あって?全てが黒歴史として封印されることになるのかと思うと
一応の回答として…許されるような気もします

a0072423_17453311.jpg

by sukokurage02 | 2017-07-12 17:46

亡き人への想いを綴っていきます