sg

hell5930.exblog.jp

5/7

少し前から疑問に思っていたのですが
今量販店などで話題のテレビというので
有機ELテレビというのがあります
テレビだけではなく…最近のスマートフォンにも採用されている
パネルなのですが
このパネル…今のところ
韓国LG、サムスン電子…韓国勢のものしか無いという
どうして日本はこのパネルを作らないんだろうか…これからの大きな
トレンドになりそうなものなのに…という疑問です
疑問と言ってもネットで検索したらすぐさま答らしきものに
到達するので…調べ物をするにも手間いらず…という気もするところ
まず…元々これはSONYが開発した技術だと言うのです
自分も覚えているのですが…もう15年くらい前なんでしょうか
画面のサイズは10インチくらいなのに…その割凄い高価なテレビが
ある…その代わり画質が凄いという触れ込みで
この有機ELのテレビ…ごく小型のものですが…発売されていました
が…これっきりで姿を消してしまい
その技術者は海外へと人材が流出してしまったとのこと
その技術者だけの功績では無いとも思うのですが
ともかくも先の2つの会社が今現在これを量産し
それを日本に…言わば逆輸入のような形で普及しようとしている
と言っても各社…SONYとパナソニックのことですが
画質を向上させるにもそれぞれ独自の技術があり
あくまで輸入されたパネルは素材として…絵作りみたいなものを
したものが市場に出る
確かに見て比べてみたところ…やはり絵が微妙なものですが
確実に違うというのは判別出来ます
今のところ高価というハンデはあると思われるところ
その画質は一歩飛び抜けたところがある…と言えど
最近の液晶テレビの画質もこれまた凄くなっていて
安価で高画質なもの…というのは…有機EL勢の価格がこなれてくると
必ず競争になると思うのです
このどちらか…AppleのiPhoneもXでの有機ELパネルは好評のようで
売り上げも良かったというニュースを見ましたが
これからどうも液晶のほうに進んでいきそうな感じを受ける
のを…これが当初の予定と違ってきてるところに
テレビの行く末もどことなく予想出来るような…
これは調べて驚いたのですが…有機ELパネルの寿命は
プラズマテレビが10、液晶が6とすると
わずか3しかないというのです
これでは自信を持ってお客様に勧めることが出来るのか…という
私感ですが…日本人の良心のようなものを感じましたし
それ以前に…特にパナソニックはプラズマテレビがこれからの
テレビの主流になると判断…多額の予算で工場などで生産するも
結果的に液晶に販売数で譲ることになり…パナソニックという
会社自体が傾くかのような…大打撃を受けているので
新しい技術を使ったテレビ…というのに及び腰なのは
致し方無いところであると考えてます
自分は今とりあえずはプラズマテレビを使っているのですが
ほとんどテレビというのは見ない生活なんです
でも映画は好きで見たいと思うので
寿命が尽きるのか…あるいは…何らかの理由で買い替えを
考えるも
どうも液晶テレビのお世話になりそう…そんな気がしています

by sukokurage02 | 2018-05-07 09:11