sg

hell5930.exblog.jp

5/14

自分の以前の職場は郵便局だったんですけど
パワハラを受けて退職という形になってしまいました
でもそれだけが退職の理由では無いというのを書きたいと思います

まず…以前の郵便局…自分が入局したときは
辞める以前の雰囲気とは全然違ったものでした
物流の世界では当たり前のような認識ですが
まず…どこの企業もある程度はそうであるように
IT化の流れを受け…使う携帯端末の操作も次第に難しくなっていき
かつ時間指定郵便の管理なども行い
それを差出人もインターネット上で確認出来るようになる
少しの時間でも遅延があれば…即クレームがという
お客様ではなく…差出人からもというので
二重のクレーム対応ということになっていました
IT化の次…これもインターネット経由で
Amazonなどのネット通販の荷物が大幅に増え
しかし現場は人もサービスも増えない状況
今ある人員でやり繰りするしかないものでした
忙しさのあまり指導、育成というものから離れた職場
ここからパワハラが生まれるものだ…と解釈していますが
誰しもが…以前はそんなものは無かったと言うところからも
職場における業務系体のようなものが変わってしまった
忙しくなっても企業としての利益は上げないといけないところから
各種サービスも量、質ともに低下していき
過酷な労働を強いられる職場に変わってしまいました
これなら…とこれが一番辞める原因になってるんですけど
問題は…郵便局という企業を存続させるにあたり
一番大きな足かせ的な意味になってしまっている
ユニバーサルサービスの継続というものがあります
これは…全国どこに住んでいても郵便物は必ず届く…というもので
ここを省略出来ないので…人件費は以前かそれ以上にかさんでしまう
電車、ガスなどの公共サービスは…廃路や停止という
改善というのか…まだ余地があると思うのですが
それが出来ない弱み…そして近日のニュースですけど
ヤマト運輸が業績黒字を出しているというもの
これは荷物の運送料金を値上げし…言わばサービスを改悪したところから
逆に企業としては余裕が出てきたという好例だと思います
ヤマト運輸が引き受けをやめた小包などの荷物
これが郵便局のほうに流れてしまい…さらに忙しさに拍車が
かかるという…悪循環です
これも少し以前ですが…NHKで放送された番組で
郵便局の簡易保険にて…無理やり契約を取ってくるという
横暴な局員も存在するという…半ば内部告発のようなものが
放送され…大幅なリストラをこれから敢行しようとするなど
どこもかしこもおかしなところだらけな職場になってしまったことに
対し…残念な気持ちは消えることない感じです
これから…出てくるであろう不祥事や後ろ向きのニュースに対し
強い気持ちで臨まないといけない…そう思いました

by sukokurage02 | 2018-05-14 13:41