sg

hell5930.exblog.jp

6/7

通っている自動車教習所ですが
残すは終了検定のみになりました
ここまで受講してきて…思うことを書きたいと思います
自分は自動二輪の免許があるので
学科講習は大幅に免除になったというのはあるのですが
それでも…というのは
実施項目…車に乗る時間が少ないと感じます
少なく見積もってもおおよそ倍の時間は必要ではないのか
毎回毎回ぶっつけ本番のような感じで…何せ教習の内容自体は
正しくかつ適切な指導なので…余計にそう思うのです
こちらが払う費用はこんなものだという気はしますが
調べてみたところ…教習所自体の運営は
安い賃金でまかなってるというのが実態のようです
設備投資というのは大丈夫だったような気はしますが
それなりの時間をかけるには…やはりそこに費用を当てないと
いけないという感じはします
何故これほど教習所のことを書いてるのかというと
とりあえず車道を走る車をよく見てみると
凹んだあとがあったり傷跡があったり
大きな人身事故というのはあまり無いような気はしますが
それでも壁や障害物にぶつかった程度の物損事故はすごく
多いと思います
今も昔もあまり変わらないと思うところ…車で事故をしたと
聞いてもさほどの驚きもなく聞き流してしまうような
これは何かしらの問題だと思うのは
自分の車がそんなことになってしまうと
愛着が薄れていき…趣味の道具から移動手段へと変わってしまう
結果…運転自体がおざなりになってしまい
やはりこれも事故に繋がる原因の一つになると考えます
趣味の道具と書きましたが…やはり生活する上で
いざという時のために…車は所有しているに越したことは無い
これが一番免許を今更ながら取ろうと思った一番の原因ですが
何かしら困ってからうろたえるようなことになっては
そのためやはり最初の教習所で基本からみっちり練習するのは
必要だと感じましたし…毎回のことながら
個人が考えても仕方ないと思われるようなことも
問題として気にとめておくというのは大事なことだと思い
まず自分が事故なく安全運転をするのならば
やはり教習所で学んだことを思い出しながら…と
強く痛感したところから…このようなことを考えています

by sukokurage02 | 2018-06-07 19:47