sg

hell5930.exblog.jp

7/16

ここのところ…ということでも無いのですが
自分のメンタル不調もようやく回復に向かい
仕事を探すため求人票に目を向けるなど
具体的なことをしていたら
両親もそれに釣られてなのか
いつ死んでも構わないよう…終活ということを意識した行動や
物言いが凄く増えました
こちらからの注文はただ一つだけで
遺産相続…家の不動産のことだけをきちんとして欲しいというので
弟夫婦といらない揉め事になったりするのは回避しないといけない
という名目です
それがまず解決したのが皮切りになっているのか
実際自分は寝たきりで何も出来なかったというのもあるんですけど
部屋の掃除をしてくれたというのも
広い意味でのそれに当たるような気もしますし
クーラーももうすぐ寿命なので…といっても問題なく動いてるんですが
今のうちに買い換えたほうがいい…とか
エンディングノートと呼ばれる冊子に色々記入して欲しいと
購入するも
なかなか手が伸びず…これは仕方ないように思いますが…
どこからが日常生活でどこからが終活と呼べるものになるのか
その線引きも曖昧のままやってる感じはしますが
主に母親がそうで…父親はそうでも無いという感じなのですが
間違いなく死というものを考え…そして生きてるうちに
出来ることをしておこうと
これは直接言われましたし…嘘偽りで無いことだけは確かなようです
自分もこの年になってもあまりこうしたことを考えることもなく
その時が来たらその時で…などと…甘い認識でいたことは
反省するべきところですし
両親が共に同じく亡くなってしまう…それはまずあり得ないことから
父親なのか母親なのか…残された者としては
どうその事実に向き合うのか…自分も含め
前準備として色んなことを考え…出来ることはやってみようと
家の者皆そう思っているようですが
しかし…やはりその時が来るまで分からない心境というのも
あると思います
ただ…勝手な意見だと半分は承知で
「今まで結婚して家を出て行くことなく…ずっと親元で暮らしたことが
 これが自分としては最大限なのか…親孝行したつもりで
 いつ亡くなるか分からないけど…その時が来てもああしておけば…こうして
 おけば…そんな風に考えることは無いと思う」
と言いました
自分はここに書いた通り…後から後悔するのがものすごく嫌に思うほうなので
まあ単に縁や機会が無かっただけということもありますが
結果としてこのことだけは良かったと
それを聞いた両親も…ああそれはそうだな…と納得してくれたので
もちろんこのことが全てでは無いですが
基本となることに極めて近い事柄…親と子の間柄って一体どういうものなんだろう
考えども答など早々に出ないような問題ではありますが
まあ枠組みを外れたことをしている訳では無いというので
そのことだけでも良しとしようと…
しかし人の考え方はそれこそ千差万別
どのように考え…そして行動するのかというのは
誰しもが他人さんを見るとき…未知数で予測の付かないものであるはずなので
なのでせめて家族の間だけでも…こうした繋がりのようなものが
出来たようで良かったと…
お金の問題を解決しないと…弟夫婦とこれから仲良くやっていくことが
出来るのか…と思うと複雑な気持ちですが
問題があるならなるべく早くに対策を考え…そして然るべき処置を取る
このことだけ上手くいったというので油断することや気を抜くことは
禁物ですが
安心することが一つ増えたというのは中々に大きな出来事であるという
その効果の大きさに驚いているような
ここしばらくこのような話の連続で家の中も緊張感…ピリピリしてましたが
どことなし元の雰囲気に戻りつつあるようで…こっちも体の力が
思わず抜けました 

by sukokurage02 | 2018-07-16 18:11