sg

hell5930.exblog.jp

7/18

ここのところ車の運転というのを毎日のようにやってます
今までそれほど車の運転というのに興味があった訳でも無い
そう思っていたのですが
前にも書いた通り…免許が無いのに車を購入してしまうというのは
元々は車が好きで仕方ないというのを証明したかのような
自分は論より証拠という言葉が好きなようで…過程はそれほど
考えず…結果が全てである
そう考えるような節はあります
今のところ父親が助手席に座り…自分が運転するということに
しているのですが
父親は今まで…もう結構な年齢なのですが
無事故無違反でここまでやってきたというのです
この話は本当によく聞かされ…正直ああまた自慢話が始まったな…と
うんざりとは思わないまでも…どこか聞き流すような感じだったのですが
いやこれはとんでもないことだと…事実自分の運転を見てのアドバイスは
適切かつ具体的で…紋切り型では無い交通状況を完全に熟知したような
もので…このアドバイスや注意点の指摘などを忠実に守ることが出来たなら
自分もこれから先無事故無違反で運転することが出来るのでは
そんな淡い期待のようなものを感じています
これは…車というのは非常に便利なもので…何か起こったときも
即座に対応することが出来る
その反面…運転をおそろかに考えてしまうと
事故に繋がってしまうという…危険な側面があるというのは
誰しもが認知していることと考えますが
自分は事故を起こすというのを考えてしまうと
怖くて仕方ないですし
事故を起こすくらいなら車などいらない
そう考えていたことが…今まで免許収得というのを考えなかった
ということもあったと思います
これは半分無意識のようであったようなのですが…
最悪は人の命を奪ってしまう人身事故
そんな重大事故など起こらない…そういうリラックス状態で
運転するというのも必要なようにも思いますが
ほんの不注意でその最悪の事態が起こりうる可能性はある
この両極端とも言えるバランス感覚を自分のものにすることが出来れば
有事の際に対応出来るというのは書いた通りですが
自分のメンタル状態がどのようなものであるのか
これを推し量るに…車の運転というものが非常に有効な手段であるという
認識があり…割合にして半分くらいのものがあると考えてました
今のところ徐々に慣れつつはありますが…まだ恐怖感から
完全に逃れることが出来ていないようで
しかし…緊張感は当然残るんでしょうけど…特に何の抵抗も無く
車が運転出来たのなら
そこが社会復帰することが出来るポイントになるのでは
こんな話をもし友人に聞かせることがあったなら
そんなこと出来て当たり前じゃないの?という反応が
返ってきそうではありますが
働くということ自体…面倒なことやストレスを感じるのは
避けることが出来ないと思うところ
そのマイナス面を少しでも軽く考えることが出来るような
予感を感じるところはあるので
この体験を…振り返るのではなく
こんなことが起こった…という事象として借りてくる
そんなイメージを持って色々取り組みたいと考えています

by sukokurage02 | 2018-07-18 05:10