sg

hell5930.exblog.jp

<   2018年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

6/29

昨日は車の保険の追加の手続きや
この地震でお墓がどうにかなっていないだろうか…など
あちこち回って少し疲れていましたが
気持ち的には余裕も出てきたので
自分の現在の立ち位置というのを確認するためにも
以前の職場…郵便局まで当時と同じく原付で行ってみようと思い
現地に向かおうとしたのですが
予想通り…いやそれ以上のプレッシャーと嫌悪感…のようなもので
これ以上先には進めない…なので途中で引き返してきました
帰り道はまだ少し楽なのかもしれない
思うも…一刻も早くここから離れたい…その一心で
逃げるように帰路についたのでした
何もかも当時のイメージのままだ…というのは驚きでしたが
退職せざるを得ないほどの打撃を受けていたのだと考えると
妥当なところであるのかもしれない…そんなことを考えていました
父親も郵便局員であったということもあるのですが
何故この仕事が出来ないのだ…というのを言わずとも
その発想でこちらに詰め寄ってきて…決して友好的な雰囲気で
無かったのですが
何もかもが変わってしまった…とは聞いている
とは言っていたので
では何がどう変わってしまったのか…激しい口論が長く続きましたが
今の郵便局の状況を説明すると…これはもう辞めて正解だった
一応そこまでの理解を得ることが出来…今現在のこれが
仕事にまだ就いていないということもあるでしょうけど
当時と今と比較してみると
こんな滅茶苦茶なことをやらされていたのか…リラックス状態など
感じる余裕は寸分足りとも無く…自分の感じ方が敏感なのは
確かなようなので大げさに感じるかもですが
それでも…今現在郵便局に勤める人たちのことを考えると
何もかも変わってしまった…それ以前は穏やかで割と余裕ある
職場だったことを思い出すと
この劣悪な労働条件をどうにかして欲しい
願わずにはいられません
それほどのものであれば退職して新しい道を探せばいいようにも思うも
ブラック企業の典型的なパターンで…ここを辞めたら路頭に迷うことになる
他に仕事などないぞ…と上司がミーティングで朝から重い周知
世間が見えなくなってしまい…論理的とも思える思考を奪われてしまう
ここに書いたことが被害妄想やデタラメの類で無いというのは
ネット検索すればすぐ分かることですし
もう辞めてしまったので直接は関係無くなりましたが
この悪しきイメージは…貴重な経験から来るものとして
大事にしないといけないと強く感じるのは
自分の持論めいたものとして…人間というのは頭でイメージしたことしか
実現しないもの…それを強く思うところから
半ば軽い気持ちでどういうものだったのか…足を運ぼうとしても
やはりイメージに邪魔をされ…たどり着くことすら出来なかったことを
考えると
これは全ての事柄について当てはまるものだと…自分の中では
より強くそう思うようになっています
辞める決心がついた頃は…もう気持ちも随分離れてしまい
さほどのダメージは無かったように思うのですが
仕事場を離れてしまうというのは…強い自責の念…引責辞任とは…
所属する労働組合の人からも…絶対辞めないほうがいいというので
これも強い説得があったことを考えると
色々変わってしまった…というのはその通りで
不幸自慢をしているつもりは毛頭無く…ただこのイメージを更に
強固なものにするため…書いて頭の中をもう一度整理してみよう
そう思うところから…痛々しい文章になってしまったのは
半ば仕方ないこととして…どうやら本当にメンタル不調から回復に
向かっている実感があることから
一つの区切りとして…思い切ってありのままを書いてみよう
そう思った次第であります

by sukokurage02 | 2018-06-29 03:00

6/27

またまた車の話が続くのですが
運転免許を習得すること…そして車を運転すること
これらは特別なことでもなく…当たり前のように
皆移動手段なり趣味として使ってると思うのですが
言えば普通のことだと考えると
この普通という考え方を人間に当てはめてみると
これほど難しいものは無い…いや普通の人というのが
どういう内面を持つ人なのか
一人一人考え方も違うし…常識と思ってることも
千差万別かと思うと
広い意味での普通の人…没個性的なイメージかもですが
そういう見方は出来ても…つぶさに見ていくと
やはりどこかしらオリジナルなものを持っている
なので…普通と言っても何が普通なのか分からない
諦め…というのかいつしかそういうことを考えるのを
止めてしまいました
が…分からないままというのはどこかフラストレーションを
感じてしまい
そういうものだ…と思うことにしたのですが
たまに湧き上がってくるこの疑問…でも考えるのを止めている
調べようにも調べることが出来ないこともあるものだ
今度はこう考えることでこの問題?を回避しようとするような
そんな感じではあったのですが
車を運転してみて…これはごく普通のことである
皆と同じことをやっているという…この一体感のようなものは
普通の人って一体どういう人なんだろう…この疑問を
吹き飛ばすようなインパクトのある…自分の中ではそんな体験です
これは…どこか人を避けて生活しているようなものが
実は人の輪の中でやっていきたいのではないのか
職場で受けたパワハラから精神疾患を患ってしまい
とは何度もここでも書いたことですが
人間不信…人が怖い…そのような自分の内面が見えてきたような
気がしてます
これは免許を習得する過程で考えていたことなのですが
緊張はするけど恐怖を感じること無く
車を運転することが出来れば…社会復帰することが出来る
過去のダメージを回復し…人の中で仕事が出来る
そう思い…まだ時間はかかりそうですが
リラックスして車を運転することが出来るまで
リハビリのつもりで取り組みたいと思います

by sukokurage02 | 2018-06-27 06:34

6/24

つい先日運転免許の試験に受かりました
これで車を運転出来ると思うと…
しばらく実感が湧かなかったのですが
ようやくそんな気分になりつつあるようです
しかし…免許も無いのにF1の話を書いてしまうとか
どうかしてると思いつつ
当時若干17歳のF1ドライバー
マックスフェルスタッペン選手は
何と運転免許が無いのにF1の車を運転していたという
何もかも違いすぎる実例を挙げるのもこれまたどうか…
という気がして仕方ないですが
こういう例もある…というのは大いに励みになるところで
ありました
スピード狂の世界…安全運転…状況は様々ですが
車を運転出来るという楽しさには違いないと思い
といっても何がどう楽しいのか説明するのは難しく
父親も弟も無類の車好きときてるので
単に遺伝の問題なのかな…そう感じたりもしてます
運転の技術もさることながら
まずは道路状況…道が全てである
こう考えたことが一番大きかったようです
なのでまずは道を覚えるため…地図を買ってくるのが
先決かも…芋づる的にここはこう繋がっている
こういうことを考えるのは好きなほうなので
一役買ってるのかもしれません

by sukokurage02 | 2018-06-24 09:05

6/20

先ほどの投稿の補足…ということですが
特別にもう嫌で仕方ない…仕事をしてるときはやはり
そんなことがありました
主にクレームの応対というのがそうなのですが
お客様の言い分が正しい…などという保証は
悲しいかな話を聞かないと分からなく
どう考えても変だ…というクレームに応対することが
自分の場合そうでした
クレームを受け…こちらがダメージを負うほど
お客様は何をすることもなく安泰
バランスの狂いというのを感じていました
言えば心の悪いお客さんです
その人に対し…誠意を見せとことん話を聞く
美談のようにも感じるかもですが
実際はその狂いや歪みを増長させているだけで
悪しき前例を作ってしまう…という
言いなりに話を聞くことの危険性というのを
自分勝手な物言いの前に怯えながら感じ
どうすれば…と困窮し
しかし…そのクレームの件に限らず
道理の通ったことを実行していれば
必ずどこかで引っかかりが生まれ
その引っかかりという原因を究明する策がある
そう考えることが自分なりの処世術なのかもしれません
このことが…郵便局で学んだ一番のことだと考えると
無駄にしてしまえば…元の木阿弥で意味が無い
先に挙げたのとは違う危機感です
自分に間違いがあればすぐさま訂正し
という柔軟性に欠けるような面があるので
戒めとしてこういう文章を書いてるのだと思います

by sukokurage02 | 2018-06-20 10:34

6/20

ここ数日…ようやくメンタルの調子も安定してきたようです
詰まっているときのことなど…忘れることは無いにしろ
過去のものとなり…新しい体の調子に適応してる感じです
そうなれば…というので何かをしようと思い
まずはプラモデルを作ってます
好きなことや興味のあることは…少々面倒でも
その面倒が後から達成感に繋がったり…得るものは大きいと
思います
これは極論かもですが…嫌で仕方ない…でもしょうがなくやっている
そのことは…バッサリやらないほうがいいと思います
仕事となればそうはいかない面は多々あると思うのですが
嫌、好きなどを認識するのはあくまで頭だとすると
嫌なことはなるべく頭を使わず…
嫌なことは事の重大さから考えると…それほど…という
気がして仕方なく
大げさに言うと…社会的貢献度やそれが組織に対する
有益なものかと考えると…疑問視せざるを得ないような気がします
自分も仕事をしているときは…どうしても嫌なこと
これは楽しい…とまで思わなくとも
割と負担なくやっている…そんなこともありました
優先順位のつけ方、どこで集中力を使うのかという
メリハリをつけて仕事をしろ…と新入社員のとき
上司に言われたことです
これは正論だ…と考えたからなのか
結局その言葉が今でも忘れられず…何かしらの影響を与えてると
実感するところ…やはり最初というのか…色々身についていない
ときが肝心であり
これは例えば仕事にも慣れ…自分なりのやり方が出来てくると
同じことを言われても…その影響力は桁違いに違うものがある
理屈ではなくそう感じるところはあまりに大きいです
その上司は自分が在籍中のときに残念ながらお亡くなりになり
それほど仲がいいという風でも無かったのですが
結果的にいい上司に巡り合えて良かったと…この頃そんなことをよく
考えます

by sukokurage02 | 2018-06-20 07:45

6/7

通っている自動車教習所ですが
残すは終了検定のみになりました
ここまで受講してきて…思うことを書きたいと思います
自分は自動二輪の免許があるので
学科講習は大幅に免除になったというのはあるのですが
それでも…というのは
実施項目…車に乗る時間が少ないと感じます
少なく見積もってもおおよそ倍の時間は必要ではないのか
毎回毎回ぶっつけ本番のような感じで…何せ教習の内容自体は
正しくかつ適切な指導なので…余計にそう思うのです
こちらが払う費用はこんなものだという気はしますが
調べてみたところ…教習所自体の運営は
安い賃金でまかなってるというのが実態のようです
設備投資というのは大丈夫だったような気はしますが
それなりの時間をかけるには…やはりそこに費用を当てないと
いけないという感じはします
何故これほど教習所のことを書いてるのかというと
とりあえず車道を走る車をよく見てみると
凹んだあとがあったり傷跡があったり
大きな人身事故というのはあまり無いような気はしますが
それでも壁や障害物にぶつかった程度の物損事故はすごく
多いと思います
今も昔もあまり変わらないと思うところ…車で事故をしたと
聞いてもさほどの驚きもなく聞き流してしまうような
これは何かしらの問題だと思うのは
自分の車がそんなことになってしまうと
愛着が薄れていき…趣味の道具から移動手段へと変わってしまう
結果…運転自体がおざなりになってしまい
やはりこれも事故に繋がる原因の一つになると考えます
趣味の道具と書きましたが…やはり生活する上で
いざという時のために…車は所有しているに越したことは無い
これが一番免許を今更ながら取ろうと思った一番の原因ですが
何かしら困ってからうろたえるようなことになっては
そのためやはり最初の教習所で基本からみっちり練習するのは
必要だと感じましたし…毎回のことながら
個人が考えても仕方ないと思われるようなことも
問題として気にとめておくというのは大事なことだと思い
まず自分が事故なく安全運転をするのならば
やはり教習所で学んだことを思い出しながら…と
強く痛感したところから…このようなことを考えています

by sukokurage02 | 2018-06-07 19:47

6/5

職場のパワハラを受けて…というので
一年半ほど体も自由にならなかったのですが
ようやく…という自由を感じてます
とりあえず今通っている自動車教習所での講習が終わり
うまく行けばもうすぐです
免許も無いのに車買うとか…自分でも本当にどうかしてたと
思うのですが…
一つに…車の中は理想的なオーディオ環境にあるというのを
確認したかったというのがあり
事実…シートや緩衝材みたいなものがクッションとなり
吸音材の役割を果たす…これは凄い重要なことで
おまけに限定された空間ときてます
カーオーディオというものも専門の雑誌があるなど
奥の深い世界だと思うと同時に
車というのは…特にトヨタのアルファードやヴェルファイアなど
その居心地の良さは…もう一つの家だと考える人も多いと聞きます
大げさに言うと別荘みたいな感じで…これでちょっとした
旅行などすれば…そういう魅力を感じるところから
高いけど売れ続けてる…自分のものは軽自動車なんですけど
それでも別の居住空間という気はしてます
車を買うときに担当の人に言われた言葉がすごく頭に残ってる
んですけど
移動手段とするのか趣味の道具とするのか
自分はとりあえずは趣味の道具と考えたいです
やはり維持費はそれなりにかかってしまうので…そう考えないと
というのもあり
ちょっと練習して…週末はどこか少し遠くまで
行ってみる
名所みたいなところで休憩し風景を見たり
お弁当食べたり
メンタル不調で伏せているときも…よくそんなことを
考えてました

by sukokurage02 | 2018-06-05 14:15

6/5

appleのMacOSとiOSがそれぞれアップデートされたという
話を聞きました
今回のはこれまでとはかなり毛色の違ったもので
MacOSはダークモードという…自動的なのか
画面の明るさを下げる…みたいな機能のようで
使いすぎ注意…みたいな配慮が見て取れます
iOSのほうも…日常生活に密着したアプリのようなものが増えた
そんな感じです
これまで…Apple Watchに搭載された血圧計で
これで命を救われた…という人が大勢居るという
血圧を測るのは血圧計を使うときのみで
これでは急な異常に気がつかないと思われるところ
時計としてずっとでなくても長時間装着していれば
たちまち異常に気が付き…凄い優れものの機能というのか
発明というのか
人工知能やセンサーの機能向上というのは
人間にとって果たして本当に明るい未来をもたらすものなのか
現に人間に対立するという危ない言葉を話し出す
そんな人工知能を搭載したロボットやプログラムがあるとは
恐らく誰もが知ってる話だと思うんですけど
何だか恐ろしいような話…しかし
あくまで日常生活に密着したものであれば
人工知能に使われる…のではなく
うまく共存していく…そんなビジョンのようなものを
今回のappleの発表の数々から見て取れるような気がするのです
自分達が作ったものが…自分達の生活を脅かすものになる
こんな話が現実のものになってしまうと…何だか恐ろしくも馬鹿げた話 
そう感じてしまいます
とりあえず自分は就職してすぐMacを使っていたので
と言っても大したことはしてないのですが…
これからもappleの製品を積極的に使っていこう
そう感じたニュースでした

by sukokurage02 | 2018-06-05 10:04

6/4

今大きな話題になっている日大の問題ですが
昨日見た記事で興味深いものがありました
かの野村克也氏が指摘するところ
つぶしてこい…という指示はケンカの領域で
昔の野球の世界でよくあったというのです
代表的なものは…ビーンボールとかで
ピッチャーがわざとバッターの体めがけ玉を投げるという
極めて危険な行為…でも取り締まるものが無いので
結果横行してしまい…その都度乱闘騒ぎになる
そんな光景を確かによく見てました
とりあえず最悪とも思われる…このビーンボールを禁止することで
野球も随分と穏やかなスポーツになった
実際今現在乱闘騒ぎというのを見ることも無く
日大の問題も…責任の所在を問うことは当然のように思うのですが
まずビーンボールを禁止というルールを作ったように
決まりを作るほうが先だと思うのです
今は騒ぎが大きくなっていて…こういう悪質なタックルというものは
ひとまず無くなるとは思うのですが
時間が経てばマスコミが取り上げないところで
また同じようなことが起こってしまう可能性は…非常に高いと
思います
野球やアメフトだけに限らず…チームを作っても個人にしても
人と人がぶつかるというのは…元々危険さが伴うものであり
それを健全なのか…安心して見てられるようにするには
やはり決まりを作ることが重要だと考えます

by sukokurage02 | 2018-06-04 05:12

6/3

ここまであまり日にちは経ってない気はしてますが
自分の思うこと…主に心配事のようなものですが
つらつら書いてきました
先の投稿では…郵便局の非正規社員の数は
おおよそ11万人ほど…これは全国でもイオンに引き継いで
2位の位置にあるという
数が多すぎるのです
数で考える問題なのか…というとそうでもあるような
無いような気もしますが
例えば…日大の悪質なタックル問題も
本当に痛ましく…またスポーツ界に蔓延するパワハラが
存在するということを知りました
許せるべき問題では無い…と思いつつ
正社員と非正規社員の格差問題も…これまた
許せるべき問題では無い…そんな気はしてます
もしこれが…非正規社員の人それぞれが問題として認識すると
とんでもないことになってしまうのでは…
就職も大学卒の人とそうでない人
これらに差が出るのはある意味仕方ない…そういう認識でしたし
実際待遇も差が出るものでしょう
しかし…正社員と雇用社員の待遇の差は
とりあえず給与については…正社員の五分の三ほど…下手したら
半分くらいしかもらえなく
裁判沙汰になる以前の問題で…とりあえずは気の毒で仕方ない
そう思いつつ仕事してたように思います
個人がこんなことを考えても仕方ないとは思うのですが
こうした認識を持つということは…時事問題について
一喜一憂することがある…これは重要なことだと考えます
物事をもう少し違った視点から見ることが出来れば
そうとも思うのですが…

by sukokurage02 | 2018-06-03 01:35