sg

hell5930.exblog.jp

<   2018年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

7/31

夏風邪が長引いてしまい少しダウン気味ではありますが…
次に作るプラモは…MG百式ver2
というのとHGフェネクスというのを考えてます
どちらを先に作ればいいのか…みたいな話ですが
ポイントとなるのは模型における金色の表現のようで
百式のほうはバンダイ入魂の出来栄え
作ったのを実際見たときは本当に驚きました
完成品と写真とでは…存在感のようなものが
まるで違うと感じるところが
模型最大の魅力なのかもしれません
どんなものかもそうかもですが
所有感みたいなものがかなり違う印象を受けますね

a0072423_03261797.jpg

by sukokurage02 | 2018-07-31 03:26

7/27

家で使ってるクーラーは
もう10年使ってるんですけど
特に問題なく動いてるので
別にこのままでいい…というのか良いも悪いも
意識しなかったのですが
母親曰く…電気代が大変だと
今のものは省エネになってるので…思い切って買い換えたらどうか
という提案
デジタル家電はとにかく新しいもの好きなので
ちょっと買いすぎ過ぎなのでは…一時は自分で自分が心配になってしまう
レベルだったのですが
そのデジタル家電を買い換えるというのは…使ってみて
全然良くなってる…という経験が少なからずあり
その変化を求めるあまり…というのはあります
ところがクーラーに限らず白物家電というのは
冷蔵庫やレンジがいくら新しく良いものになっても
何故か興味が持てず…冷蔵庫は冷蔵庫の機能を
レンジは食べ物を温めることが出来れば
言えば自分と関係無い…となると言い過ぎかもですが
クーラーもきっと新しくしたところで…あまり思うところは…
思うも…省エネも去ることながら
何せ10年前のものなのです
今現在のものと比べると…格段に違うものになっている
と電気屋さんは説明します
クーラーに限らず…自分の中ではあまり興味が持てなく
どうでもいい…とまで思わないんですが
そうなんだ…くらいの感想を持てないものにも注目することが
出来れば
視野を広げるというのは…意識するということがまず必要でしょうし
結構なエネルギーを使うと思うのです
大げさかもですが…割と高くついた買い物になってしまったので
値段に見合うものだったと…そう思い込みたいだけかもしれません
劇的に変わることがデジタル家電買い換えの常ならば
白物家電にそれを求めるのは酷かもしれません
部屋が涼しくなればそれでいい…そういうアバウトな見方から
何か脱却することが出来れば
その逆もまた然り…そういう柔軟さが欲しいところであります
しかし…ここまで考えるなら…もう少し安いので手を打てば良かったかも
しれませんが…

by sukokurage02 | 2018-07-27 03:43

7/26

今朝は少し涼しいですが
ここのところの気温上昇は凄いものでした
軽い熱中症だという診断でホッとしたのですが
救急車を呼ぶことになり…病院に搬送されるというのは
待ってる間…色んなことを考え
もしかしたら…日本人男性の平均年齢は…などと
お迎えが来てもおかしく無い話とも…なので
お願いなのでまだ連れて行かないで下さいと
祈る他無かったのですが
それでも冷静に一応は振舞っていたというのは
これは絶対に避けることが出来ない問題であるという認識は
一応している…と解釈しています
以前はこんなことを考えることが無かったところ
やはり郵便局での出来事が大きな影響だったと思うところです
これはニュースで聞いたのですが
パワハラで追い込まれ…自殺するケースは多々あり
具体的な数字も載っていましたが
一番自殺者が多いのは…運輸、郵便関係なのだそうです
他の業種をそれほど…いやほとんど知ること無いのですが
それでも長時間労働やサービス残業など…大きな問題として
あるはずにも関わらず
郵便局は残業と言っても年末年始を除けば
最長でも2時間程度のもの
週休二日制はこと集配部で勤務する分には守られ
福利厚生も手厚いものがあったというのは
結局一年ほど休職したのですが
その間も金額は減っているものの…それなりの額が
毎月振り込まれていましたし
内容を考えず条件だけ書くと…どうしてそんなことにと思うところ
やはり…毎日追われるようなプレッシャーの密度が凄かったとしか
思えません
データがそれを証明している…と思うと
生きてるだけでも良かった…そういう死生観のようなものは
この体験から考えるようになった
無駄では無かったと思うのは
両親もここ数ヶ月ほど急に終活というのを考えだし
相続の問題とか家の補修など…自分の体験からそうなったとは
傲慢な気もするのですが…
後は鹿児島に先祖代々のお墓があるので
そこを見てもらってる人と顔合わせしないといけないというのと
自分の問題は…未払いの年金を処理すること
くらいのもの…と思えど
エンディングノートと呼ばれる冊子に…いざというときのことを
想定して色々書いてもらわないといけなく
しかしこれはなかなかやはり手が伸びないようで
とりあえず自分が記入してそれを見せれば
書いたら書いたでスッキリすると思うと
優先順位としてはかなり先のほうだと考えたりしてますね

by sukokurage02 | 2018-07-26 10:09

7/25

以前からちまちま作っていた
MGマラサイが完成しました
これはかなり作りやすいキット…と言う評判でしたが
そこはやはりMG…それなりに手間暇かかりました
しかし…とりあえず出来たという達成感のようなものが続く
この時間はなかなかに良いです
色使いの配置が何だか変だ…そんなところも反省点ですが
なかなか思うように行かなく…何回作っても
上達する気がしないというのも
どういうことなのか…悪い気はしない…いやむしろ良い気分です
次は何を作ろうかな…思うも
こればっかりやってられないというのと
いや趣味の時間は必要…そんなこんなを行ったり来たりの
1日でした

a0072423_04120131.jpg

by sukokurage02 | 2018-07-25 18:04

7/24

今日は朝から父親が具合が良く無いと言ってきたので
そんなこと滅多に言わないのでどうしようと考えていると
緊急みたいな慌てぶりだったので
救急車を思い切って呼ぼうということになり
病院に搬送されました
診断の結果は…軽い熱中症だったというので
安心しましたが
そんなことが朝起こったのですが
それからはここ数日の落ち着きが戻ってきたような
自分が考える理想の生活とは
朝起きたらご飯を食べ…朝の間は集中力があるので
何かしらの作業をし
昼が来たら軽く昼食を食べ
ゆっくり過ごしてるとそのうち日も暮れてくるので
夕食を食べ…今自分は仕事してないのですが
やはり軽い運動は必要というので歩きに行き
そしてプラモを作るなり勉強するなりで
こうして坦々と1日が過ぎる
こんな生活を繰り返すことがいいと思います
何かしら…学校生活を送ってるときは…学校が終わったら塾に行き
終わったらファミコンに没頭する
当時は何の疑問も持っていませんでしたし…遊びたい盛りなので
やむなしな一面はあるんでしょうけど
それでも何だか娯楽も勉強も過剰なまでの勢いで迫ってきて
嫌が応でもやらざるを得ない
そんなことを考えることもあったのを思い出してます
もうゲームはずっとやらなくなって長い時間が過ぎてしまいましたが
今のゲームは…迫力はあるんでしょうけど
残酷な描写…無慈悲さを感じる脚本など
やはり過剰さを感じずにはいられない気がして仕方ないです
ゲームのことを批判する気は無いのですが
ほどほどに楽しめば良いのでは…と思ったりはします
今は本当にこれやりたいことなんだろうか…一旦そう自分に質問し
そうだと思ったことだけやっている
それで十分事足りる生活を送ることが出来ると思います
面白そうなことというのはそれこそ山のようにありますが
こう自分に質問することにより
その好奇心から来る行動も抑制することが出来るのでは
人それぞれやりたいことは全然違うと思うので
こう書くことは無駄なようにも思いますが
無駄なことは一切やらないということが…一番のストレス解消法なのでは
面白そうだと手をつける…うまくいかないと煮詰まってしまう
こんな結果になるなら最初からしなければ良かった
そうして無駄なことをやらないよう…とりあえずやってみるということは
必要でしょうけど
あとからそれで何か得るものはあったのか
そう考えたり思ったりすることは…極めて重要だと思います
今は仕事もしていなく…そうした余裕を感じるところはあるんですけど
いざ仕事をするにしても…なるべく無理の無い仕事を探すべきでしょうし
忙しい仕事場にしても…小さいならがも達成感を常に感じることを
出来るようにすれば
ストレスは軽減出来ると思うのです
出来て当たり前…と考えるとその達成感が無くなってしまい
そこから不平不満に繋がっていくと思うと
とりあえずこれは出来た…と思いながら仕事をする
理想と言えばそうかもですが…頭の中でこれをイメージ出来てはいるので
その心構えで社会復帰を目指そうと考えてます

by sukokurage02 | 2018-07-24 19:35

7/22

以前野良猫にご飯をあげに行っているというのを
書いたのですが
それを続けてるうち…最初の頃はその場所に居た猫が
いつしか姿を消してしまい
どうしてだろう…考えることもなく
当然猫にも心があり…うちも猫を飼ってるので
分かる部分はあるのですが
相当に思慮深いものだと推測します
遠慮、萎縮、いつか来なくなってしまうかもしれないという
恐怖…このような考えが入り混じり…このようなことに
なっていたのかと
しかし様子が気になって仕方なかったので
少々思い切って様子を今朝見に行きました
すると…大勢…10匹くらいの鳩が
そのご飯を食べてました
何だかがっくり感は否めなく…しかしこれは
以前から疑問というのか矛盾というのか
猫はその愛くるしい外見から…人に可愛がられというものが
ありますが
一方でゴキブリは見た目が気持ち悪いからというので
特に躊躇なく殺虫剤で殺してしまいます
これからもそうするであろうことを考えると
この矛盾を消化することは出来ないにしろ
軽減することは出来るのでは
そんなことを考えながら…ご飯をあげに行くのは続けようと
思ってます
自分の考えてることを表現したいと思うのは
これだけSNSやブログというものが普及し
自分を含め皆自己表現したい気持ちは強くあるというものと
似たようなことを考えてる人も居るというのは
身の回りの人のことを考えただけで
ざっと…行きつけの散髪屋さんの娘さんは
独立して美容室を開業したらしいのですが
鬱病の人の心情が分かるという資格のようなものを習得していると
聞いてますし
以前郵便局で働いていたとき…野良猫が不憫で仕方ないと
事あるごとに家に持ち帰り…猫屋敷みたいになってるぞと
冗談交じりに話してくれた人
すぐ近所の人は…夜間のコンビニの仕事をしているのですが
毎日のように来る野良猫を引き取って家で世話をしています
その他にも…以前の知り合い…というほどの付き合いは無かったですが
Facebook上で動物愛護を訴えたり…あと郵便局を辞めた同僚の人は
介護の仕事をしていて…介護職の厳しさは誰しもが知るところで
これらの人たち特別に探すということもなく
思いついたら…という感じで
似たような風に考える人は結構居てる…いやその考えに追いつけない
部分だらけということを考えると
何か自分を発奮させるモチベーションのようなものがやはり必要で
拠り所を見つけたような気はしてます
パワハラで受けた被害体験が無駄にならないよう…
そう思うだけでは少々力不足なところがあり
このご飯をあげに行くという行為は
良い方向なのか悪いことなのか…いずれにせよ何かしらの
答のようなものが出る
そう思いながら…時に詰まってしまうようなこともあったのですが
結果としてはプラスに働いたようで…少しホッとしたような話でありました

by sukokurage02 | 2018-07-22 07:08

7/21

以前から書いてるプラモ製作
MGマラサイというものですが
MGというのはマスターグレードの通称で
アニメの設定でモビルスーツの全長は大体18mほど
MGはそれを1/100の縮尺で再現したものです
なので完成品は18cmくらいになりますね
その他にも…PG…パーフェクトグレードと呼ばれるものは
1/60のサイズ
こうなるとかなり大きいサイズになり
なかなか手が出ない…というか一度も購入したことないです
今のところ一番数多くラインナップされているのが
HG…ハイグレードと呼ばれるもので
縮尺は1/144
部品数も少なく組み立ても上記のものよりかは
手間がかかりません
自分もここのところはずっとHGばかり作っていて
久しぶりにMGに挑戦してみたく…というので
しかしやはりその手間はHGの比では無い…というと
言い過ぎかもですが
それでもなかなか思うようには先に進みません
でも何だか…模型を作ってるなぁ…という実感はあり
大きいサイズなので手は抜けないと思いながら作業しても
ここはこうしておけば…みたいな反省点が
上手に作ることが実は目的では無いのですが
それでも完成度は高いに越したことは無いので
どうもHGばかり作っていたら…上達も見込めない
そんな理由で…次もまたMGに挑戦してみようかな
そんなことを考えてますね
余談と言いますか…こういうことを何度か書いてると
模型作りの腕前は凄いのでは…などと思う人もあるかもしれません
実際のところ…かなりのへたっぴであります
上には上の世界がある…オーディオビジュアルに一時のめり込んだのも
そうかもですし
車の世界もそんなようなところがある
メカニックに対する憧れのようなものは
男子足るもの…少なからず持ち合わせている
そういう解釈も出来そうでありますが…

by sukokurage02 | 2018-07-21 08:47

7/18

ここのところ車の運転というのを毎日のようにやってます
今までそれほど車の運転というのに興味があった訳でも無い
そう思っていたのですが
前にも書いた通り…免許が無いのに車を購入してしまうというのは
元々は車が好きで仕方ないというのを証明したかのような
自分は論より証拠という言葉が好きなようで…過程はそれほど
考えず…結果が全てである
そう考えるような節はあります
今のところ父親が助手席に座り…自分が運転するということに
しているのですが
父親は今まで…もう結構な年齢なのですが
無事故無違反でここまでやってきたというのです
この話は本当によく聞かされ…正直ああまた自慢話が始まったな…と
うんざりとは思わないまでも…どこか聞き流すような感じだったのですが
いやこれはとんでもないことだと…事実自分の運転を見てのアドバイスは
適切かつ具体的で…紋切り型では無い交通状況を完全に熟知したような
もので…このアドバイスや注意点の指摘などを忠実に守ることが出来たなら
自分もこれから先無事故無違反で運転することが出来るのでは
そんな淡い期待のようなものを感じています
これは…車というのは非常に便利なもので…何か起こったときも
即座に対応することが出来る
その反面…運転をおそろかに考えてしまうと
事故に繋がってしまうという…危険な側面があるというのは
誰しもが認知していることと考えますが
自分は事故を起こすというのを考えてしまうと
怖くて仕方ないですし
事故を起こすくらいなら車などいらない
そう考えていたことが…今まで免許収得というのを考えなかった
ということもあったと思います
これは半分無意識のようであったようなのですが…
最悪は人の命を奪ってしまう人身事故
そんな重大事故など起こらない…そういうリラックス状態で
運転するというのも必要なようにも思いますが
ほんの不注意でその最悪の事態が起こりうる可能性はある
この両極端とも言えるバランス感覚を自分のものにすることが出来れば
有事の際に対応出来るというのは書いた通りですが
自分のメンタル状態がどのようなものであるのか
これを推し量るに…車の運転というものが非常に有効な手段であるという
認識があり…割合にして半分くらいのものがあると考えてました
今のところ徐々に慣れつつはありますが…まだ恐怖感から
完全に逃れることが出来ていないようで
しかし…緊張感は当然残るんでしょうけど…特に何の抵抗も無く
車が運転出来たのなら
そこが社会復帰することが出来るポイントになるのでは
こんな話をもし友人に聞かせることがあったなら
そんなこと出来て当たり前じゃないの?という反応が
返ってきそうではありますが
働くということ自体…面倒なことやストレスを感じるのは
避けることが出来ないと思うところ
そのマイナス面を少しでも軽く考えることが出来るような
予感を感じるところはあるので
この体験を…振り返るのではなく
こんなことが起こった…という事象として借りてくる
そんなイメージを持って色々取り組みたいと考えています

by sukokurage02 | 2018-07-18 05:10

7/16

ここのところ…ということでも無いのですが
自分のメンタル不調もようやく回復に向かい
仕事を探すため求人票に目を向けるなど
具体的なことをしていたら
両親もそれに釣られてなのか
いつ死んでも構わないよう…終活ということを意識した行動や
物言いが凄く増えました
こちらからの注文はただ一つだけで
遺産相続…家の不動産のことだけをきちんとして欲しいというので
弟夫婦といらない揉め事になったりするのは回避しないといけない
という名目です
それがまず解決したのが皮切りになっているのか
実際自分は寝たきりで何も出来なかったというのもあるんですけど
部屋の掃除をしてくれたというのも
広い意味でのそれに当たるような気もしますし
クーラーももうすぐ寿命なので…といっても問題なく動いてるんですが
今のうちに買い換えたほうがいい…とか
エンディングノートと呼ばれる冊子に色々記入して欲しいと
購入するも
なかなか手が伸びず…これは仕方ないように思いますが…
どこからが日常生活でどこからが終活と呼べるものになるのか
その線引きも曖昧のままやってる感じはしますが
主に母親がそうで…父親はそうでも無いという感じなのですが
間違いなく死というものを考え…そして生きてるうちに
出来ることをしておこうと
これは直接言われましたし…嘘偽りで無いことだけは確かなようです
自分もこの年になってもあまりこうしたことを考えることもなく
その時が来たらその時で…などと…甘い認識でいたことは
反省するべきところですし
両親が共に同じく亡くなってしまう…それはまずあり得ないことから
父親なのか母親なのか…残された者としては
どうその事実に向き合うのか…自分も含め
前準備として色んなことを考え…出来ることはやってみようと
家の者皆そう思っているようですが
しかし…やはりその時が来るまで分からない心境というのも
あると思います
ただ…勝手な意見だと半分は承知で
「今まで結婚して家を出て行くことなく…ずっと親元で暮らしたことが
 これが自分としては最大限なのか…親孝行したつもりで
 いつ亡くなるか分からないけど…その時が来てもああしておけば…こうして
 おけば…そんな風に考えることは無いと思う」
と言いました
自分はここに書いた通り…後から後悔するのがものすごく嫌に思うほうなので
まあ単に縁や機会が無かっただけということもありますが
結果としてこのことだけは良かったと
それを聞いた両親も…ああそれはそうだな…と納得してくれたので
もちろんこのことが全てでは無いですが
基本となることに極めて近い事柄…親と子の間柄って一体どういうものなんだろう
考えども答など早々に出ないような問題ではありますが
まあ枠組みを外れたことをしている訳では無いというので
そのことだけでも良しとしようと…
しかし人の考え方はそれこそ千差万別
どのように考え…そして行動するのかというのは
誰しもが他人さんを見るとき…未知数で予測の付かないものであるはずなので
なのでせめて家族の間だけでも…こうした繋がりのようなものが
出来たようで良かったと…
お金の問題を解決しないと…弟夫婦とこれから仲良くやっていくことが
出来るのか…と思うと複雑な気持ちですが
問題があるならなるべく早くに対策を考え…そして然るべき処置を取る
このことだけ上手くいったというので油断することや気を抜くことは
禁物ですが
安心することが一つ増えたというのは中々に大きな出来事であるという
その効果の大きさに驚いているような
ここしばらくこのような話の連続で家の中も緊張感…ピリピリしてましたが
どことなし元の雰囲気に戻りつつあるようで…こっちも体の力が
思わず抜けました 

by sukokurage02 | 2018-07-16 18:11

7/16

もうかれこれ20年くらいになってしまうかもしれませんが
お世話になってる精神科の病院があるんです
行き始め…と言ってももう記憶に無いくらいのものですが
いかにも病院という感じの間取りで
診察と言っても近況を聞かれるくらいのもの
自分はあまり話を聞いて欲しいとかは無かったので
好都合ではありましたが…
しばらくしてからでしょうか…それでも10年前くらいの
出来事ですが
大幅に改装し…病院という雰囲気は払拭され
誰が弾く訳でもないグランドピアノが置かれてあったり
随分と穏やかな空気になってしまったのは
記憶に新しいところです
病院側としても患者さんが少なくなっている…という
事情もあったと思います
事実…以前のいかにも病院然としたものとした時期より
明らかに患者さんが減っていたのです
そのままの状態がずっと続いたのですが
ここ半年ほど…ついに患者さんは自分を含め2,3人程度
父親と同行することが多いのですが
潰れるんと違うか?とはよく言ってたことですし
事実自分もこのままの状態が続くと…と感じていました
自分が飲んでいる薬自体は…気休め程度のもので
本当にあっても無くてもどちらでも良いくらいのものらしく
うちの弟も病気で入院したときも同じ薬が処方されていました
話が少し脱線してしまいましたが…
そんなこんなで先週金曜日またその病院に診察を受けに
行ったのですけど
明らかに雰囲気が違ったのです
今まで…どちらかというと冷たさを感じる事務的な手続きを取る
看護師さんも
愛想も良くなり…伝聞なのかどういうことなのか
患者さんもまばらながらも増え…病院自体も活気あるものに
感じました
この患者さんの激減で…このままでは…という危機感が
そうしたのはまず間違いないと思います
その病院は入院施設もあるのですが
いかにも精神科の佇まい…というのでしょうか
古めのマンションのようなものを連想させるものから
アットホームな雰囲気の建物になり
病院自体が時間はかかれど…大改革と言っても過言で
無いくらいの変わりように…以前のことを思い出すと
驚きというしか無さそうです
そういう背景もあることながら…やはり一番嬉しかったのは
看護師さんの優しい気配りや…暖かい雰囲気を感じることが出来る
場所になったということで
別に病院を変えるつもりは無かったのですが
潰れたらどうしよう…とはよく考えたことですし
どこでももらえる薬…とは言えそう簡単に事が運ぶのかどうか
そういうこともよく考えたのですが
でもこの様子を見るとどうやら大丈夫なようで
安心しているところです
油断はもちろん禁物ですが…
患者さんが増えたという背景も…自分がそうして安堵の気持ちを
覚えてしまうのも
結局は病院としての雰囲気や看護師さんの優しい心配り
そういうものを感じてのものだと
精神科だからという決めつけは良くないと思われるところ
やはり患者さんの様子…精神状態をつぶさに観察するには
リラックスした状態でないと…なかなか診察もうまく
いかないと思うのです
そうしたマイナスとも言える要因を一つずつ無くしていき
徐々に落ち着き…安らぎを感じる場所になっているというのは
素晴らしい企業努力だと思います
そうしたものを目の当たりにし
結局は雰囲気的に大きく左右されるものがあり
それを根底から支える…人となりが全てである…そう痛感せざるを得ない
出来事でありました

by sukokurage02 | 2018-07-16 05:40